秋田禎信のライトノベル『エンジェル・ハウリング』に関する情報を掲載しています。

エンジェル・ハウリング LOG

登場人物

賢者ガンザンワロウン

投稿日:

アイネストの師。「断崖の図書館」なる隔絶された世界に住まう偉大なマグスである。アイネストは彼のことを「偉大なる大マグスにして愚鈍な我が師」と呼んでいる。

同作者の作品には似通った名前を持つ複数の人物が登場し、いずれも世界の外側に関わるような設定・異称を持っている。「シャンク!!ザ・レイトストーリー/ロードストーリー」、「魔術士オーフェンはぐれ旅」第4部にも存在する。

関連する他作品について

放浪の賢者ガンバンワロウン

出典:『エンジェル・ハウリング:氷海口碑』
2000年頃に『モツ鍋の悲願』に掲載された『エンジェル・ハウリング』の前時代にあたるウェブ小説『氷海口碑』の登場人物。物語の語り部であり、全知識の解放者を自称する。

永遠の賢者ガンバンワロウン

出典:『シャンク!!ザ・レイトストーリー / ロードストーリー』
魔法を究め、不死秘法に到達したとされる最初のイモータル(不死の魔法使い)。多頁宇宙という異世界の概念を発見し、不死秘法を見出した後、自らを弾劾する「弾劾の図書館」と名付けた次元の狭間に姿を消したという。多頁宇宙における新たな一頁を創ったとも言われる。

放浪の導師グァンダンドロウン

出典:『エンジェル・ハウリング:グリーンゴースト』
かつて世界を語り万物の名付け親としてアスカラナン人やメジスカ民に信仰されていた太古の賢者。しかし彼が広めた世界観に異を唱えるアスカラナンの冒険家ティムティ・クランシーの啓蒙活動によって、その地位を失墜させた。

ガンディワンスロウン

出典:『魔術士オーフェンはぐれ旅 魔王の娘の師匠』
4番目に認定された神人種族。どのような神人なのか詳細は不明だが、人間種族と戦った記録はなかった。

-登場人物

Copyright© エンジェル・ハウリング LOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.