秋田禎信のライトノベル『エンジェル・ハウリング』に関する情報を掲載しています。

エンジェル・ハウリング LOG

キーワード

契約

更新日:

アマワと6名の契約者たちが結んだ契約。

契約者にある命題を与え、それを答えるように求められる。
物語の中心となる問題であり、同時に本作のテーマそのものとも言える内容。
前契約者である先帝は、契約は必ず果たされる、つまり契約者を不死にすると考え、帝国発展の大きな力となった。

8年前、年老いた先帝は息子たちに継がせるためにメルソティ・キューブネルラ、ベッサーリ・キューブネルラを召喚した。それぞれの護衛であるウルペン、リス・オニキス、ベスポルト、そして先帝が連れてきたアストラも契約者候補となる。どのような基準でアマワが候補者を選んだのかは不明である。

しかし、アストラは契約を拒み、帝宮の大火事が起こった。精霊アマワ自身を含めた6名が契約者となった。

-キーワード

Copyright© エンジェル・ハウリング LOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.