秋田禎信のライトノベル『エンジェル・ハウリング』に関する情報を掲載しています。

エンジェル・ハウリング LOG

登場人物

オニキスの老人たち

投稿日:

弟帝メルソティに仕える黒い衣装の老兵たち。
イーシス、キザク、トリュー、リスらオニキス姓の強い絆で結ばれた義兄弟。いずれもが優れた兵士にして精霊使いたる念糸使い。
リーダー格のイーシス・オニキスは元は帝国の最初期に植民地となった国の軍人だったと言われており、奴隷兵の身分から黒衣教官まで上り詰めた。退役したイーシスの能力を惜しんだメルソティは自ら出向き、本人たちの要望もあって四人まとめて招き入れた。当時、筆頭軍属精霊使いであったリス・オニキスは密約に留めざるを得なかった。

帝国の真の支配者が帝ではなく精霊であるとして、その筆頭であるアマワを滅ぼすことを目的とする。主人公ら同様にアマワの敵対者であるが、その手段などが異なる。
ウルトプライドと並ぶ魔神、戦精霊イシュカルリシアを封じた水晶眼のある魔剣を有する。

-登場人物

Copyright© エンジェル・ハウリング LOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.