秋田禎信のライトノベル『エンジェル・ハウリング』に関する情報を掲載しています。

エンジェル・ハウリング LOG

登場人物

賞金稼ぎたち

更新日:

辺境では名の知られた賞金稼ぎたち。ミズーを街から追い出すためにアイネストが手配した。

ミンチ・フラッシオリ

暗殺者狩りを得意とする。凶悪な人相をした巨漢。馬の入れ墨を頭に入れている。
体に似合わず、念糸使いが念糸に集中した一瞬に距離を詰めるほどの速度で飛び込むことができる。
その強さから人望があるのか、20人の手下を抱えている。

メリル・ペチル

一見、賞金稼ぎには見えない少女。腰に鎖鞭を吊っており、動くたびに耳障りな音を立てる。

ナインス・ハンド

両肩に回したベルトに、ぎっしりと投げナイフを携えた小柄な男。

ギムリット・ヒューリダン

羽飾りのついたツバの広い派手な帽子を被った剣士。氷海の剣士を名乗るが、ハッタリであり実力はない。

ヘルケル・パナンタ

あご髭を生やした大柄な男。武器らしい武器を持っていないが、ゆったりとした着衣の下に隠れていると思われる。

ダービン・ダン

賞金稼ぎたちの間でかっさらい野郎と蔑まれている。刃付きのブーメランを用いる。
実態はヘルケル・パナンタの念糸によって記憶と意思を植えつけられた人物のことであり、自分がダービン・ダンとすら知らずに活動している。

-登場人物

Copyright© エンジェル・ハウリング LOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.