秋田禎信のライトノベル『エンジェル・ハウリング』に関する情報を掲載しています。

エンジェル・ハウリング LOG

キーワード

神秘調査会

更新日:

この世の全ての謎を解き明かすことを掲げている学者集団。そのためには観察者はこの世界で起こる出来事に直接かかわってはならないという不文律を持つ。観察する対象に気づかれると行動や性質を変化させてしまうため、マギを習得し対象に悟られないように姿を隠す手腕に長けている。

アスカラナンに本部を置きアスカラナンの商人がスポンサーを務める。一般人からはアスカラナンをスポンサーとするスパイ集団とみなされている。
イムァシアに援助する、アスカラナンに手を貸すなどかなり政治に踏み込んだ活動が増えており、アイネストに「観察者としての本分を忘れている」と指摘される。

イムァシアとは協定を結び、神秘調査会が帝国より早く念糸能力を持つ子供を見つけイムァシアが育てる。ミズーやジュディアもその一人であった。
絶対殺人武器としての見込みがなくなった子供は神秘調査会に引き渡されていたが、アストラが帝都に勝手に引き渡されたことで協定は破棄された。

フリウを送り込み帝都崩壊を狙う計画に参画する。メルソティのスポンサーでもあった。

また、大陸の地図を作っているなどの面もあり、地図に誤謬を見つけた場合賞金を進呈している。

-キーワード

Copyright© エンジェル・ハウリング LOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.