秋田禎信のライトノベル『エンジェル・ハウリング』に関する情報を掲載しています。

エンジェル・ハウリング LOG

キーワード

影人

更新日:

帝国の統治に反発する一種のレジスタンス。黒服が特徴。黒服は占領下となった地域で自らの境遇を恥じた民や軍人が顔を隠すために始めた衣装。

帝国が起こったときその侵略に負けた民族は二級市民として使役されるか戦争に奴隷として駆り出されるかしていた。
現在は帝国が安定しているため彼らの扱いも良くなったが恨みに思っている人も多い。
そして扱いが良くなったことで反抗心を失うことを恐れ、あえて帝都で下層階級として暮らしている。

一見する反乱組織の様であるが、実際は反抗心を失うことを恐れて活動する歪な組織。また黒衣を恐れていることもあり、小規模な活動を重ねつつも帝国を打破することも出来ず、また始まりの目的すらも見失い、暴走している。
帝都には影町と呼ばれる彼らが集まる区域が存在する。

-キーワード

Copyright© エンジェル・ハウリング LOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.