秋田禎信のライトノベル『エンジェル・ハウリング』に関する情報を掲載しています。

エンジェル・ハウリング LOG

キーワード

帝国

更新日:

大陸の南半分という、広大な領土を持つ国。帝都イシィカルリシア・ハイエンドを首都としている。
60年前に先帝カリオネル・キューブネルラが興し、聖庁レント・ジルオージラに封じられていた正統印の継承を求めて侵略戦争を開始した。その後たった30年の間に地図の実に三分の一を自分のものとした。

ジルオージラ神殿からは正統印と一緒に封印されていたいくつかの強力な精霊も奪い取り、中でも戦精霊イシィカルリシアは帝都の名前の一部ともなった。大陸でも唯一精霊を軍事利用することに成功している国家であり、軍事力では周辺諸国を圧倒する。

支配体制を整えるための準備がすべて整うと帝国は侵略戦争を終える。先帝は帝国領がアスカラナンと接すると同時に全世界へ、もうこれ以上の領土拡大はない、と布告した。信憑性はなかったものの抵抗すれば失うものは大きく何もしなければ失うものはなく、アスカラナンは沈黙せざるを得なかった。

帝都イシィカルリシア・ハイエンド以外を辺境として放置するという大胆な統治策を打ち出している。辺境は逆らわないという意味での服従さえ守っていれば帝都から何もされることはなく、総合的に見れば見返りすらある。従属することによるデメリットがなく。そして離反することによるメリットがなければ誰も自由のために血を流そうとはしなかった。この制度はうまく機能しており帝国内で大きな内戦は生じていない。

精霊を捕らえる水晶檻をはじめとした装備は帝都でしか生産できず、帝国は精霊産業を独占することで富と権力を握っている。精霊は消費・輸出ともに大きな需要があるため富を生み出す。

念糸能力者を集め、軍属精霊使いや黒衣として登用している。リス・オニキスなど支配した植民地から集めた特殊能力者も多い。

先帝カリオネル・キューブネルラが迅速に支配を拡大できたのは、精霊アマワとの契約によって守られていたためとベスポルトは考えている。

-キーワード

Copyright© エンジェル・ハウリング LOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.